一戸建てで電気代が高い、高アンペア、節約したいのならコチラ!

一戸建て 電気代 高い

 

一戸建てで電気代が高い、高アンペア、節約したいのならコチラ!

 

電気代って高いですよね。うちは、4人家族で一戸建てなのですが、毎月1万円以上かかります。特に、冬など光熱費がかかるようなときは、2万円になることもあります。

 

 

そこで、一般的な家庭の電気代の平均を調べてみました。

 

こちらが、その一般家庭」の電気代平均額になります。

 

総務省統計局の家計調査によると、昨年2016年の2人世帯〜5人世帯の電気代の平均額は以下のようになっています(この統計はマンションも戸建ても合わせての平均です)。

 

2人暮らし 年間107,196円/ひと月あたり8,933円
3人暮らし 年間123,852円/ひと月あたり10,321円
4人暮らし 年間130,404円//ひと月あたり10,867円
5人暮らし 年間145,296円/ひと月あたり12,108円

 

 

あなたのご家庭の電気代と比べてどうですか。

 

上記の金額は、マンションも含めての数字なのですが、一般的に、一戸建ての電気代は、マンションの1.5倍と言われています。だから、一戸建ての平均的な電気代は、上記よりも高くなります。

 

ちなみに、住宅内にある家電製品で、節電効果が高いものとしては、主なものとして冷蔵庫・エアコン・テレビ・照明器具があげられます。まず冷蔵庫は500Lクラスの冷蔵庫で試算すると、10年前のモデルの年間消費電力は約680kwh、最新の冷蔵庫は180kwhなのでなんと驚くべきことに3分の1になっています。だから、家電製品の見直しも電気代の節約効果があります。

 

そして、だいたい夏の電気料の内訳は、エアコン 58%、冷蔵庫17%、照明6%、テレビ5%くらいが平均となっています。冬は、暖房を灯油のファンヒーターで使用している場合、照明19%、冷蔵庫16%、テレビ9%くらいが平均となっています。

 

使用アンペアの見直しも効果はありますが、最初に契約したアンペアなので、子供が社会人になって家を出たとか、結婚して家をでたとか出ない限り、アンペアの契約見直しは難しそうです。

 

そこで、おすすめなのが、こちらの「Looopでんき」電力切り替えプログラムになります。

 

2016年4月から電力自由化が解禁され、各個人でも契約する電力会社を選択できるため、電気料金が安い会社を選ぶこともできるようになりました。今までと同じ生活をしていても電気料金を安く抑えることができます。

 

「Looopでんき」は、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生しました。太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーから電力を算出しています。

 

このLooopでんきの魅力ですが、基本料金が0円なので、多くのご家庭で既存大手電力会社よりも電気代が安くなるということです。私も試算してみたら、1年間で2万円は安くなります。

 

  • うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
  • 電力会社の送電網を使って電気をお届け。電気の品質・信頼性は今まで通り
  • 解約手数料も0円!違約金ナシ!
  • 約40,000件を超えるユーザー、大手企業や工場等へ電気の供給実績あり(2017年4月時点)
  • 24時間、WEBからいつでもお申込みが可能!

 

是非一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしご家庭の電気代が高い場合は、お使いの電気料金プランが見合っていない可能性があります。家族の生活スタイルに見合う電力会社のプランを選ぶと、年間の電気代を平均18,000円節約可能なんですよ!ご家庭に最適な電気料金プランは、エネチェンジ電力比較で今すぐ簡単に比較診断することができます。